高度な機能ガイド

「エリアエディタ」、「設定」、「登録」にそれぞれ使用される「検索」ボタンの右側に3つのボタンがあります。 あなたを紹介しましょう。





"エリアエディタ"ウィンドウでは、すべてのエリア情報が大きなテーブルに1つのエリアの1行に含まれます(デフォルトの行は、ウィザードページで設定したエリアです)。 エリアを変更するには「編集」をクリックし、新しいエリアを追加するには「追加」をクリックします。 エリアを設定したら、「保存」をクリックしてエリアのスキャンを実行します。





1つのエリアの設定ページです。 エリア名を割り当てたり、検索するフォルダとファイルタイプを確認する(「隠しフォルダを表示」をクリックするとすべてのフォルダが表示されます)。 必要なファイルタイプがリストにない場合は、さらに操作するために「高級」をクリックします。





次に、ファイルタイプの詳細設定ページです。 トップテーブルはファイル拡張テーブルであり、1行はファイル拡張子の1種類を意味します。 1行をクリックし、スキャン範囲は、「ファイル名のみ」または「ファイル名とファイルの内容」として選択できます。 新しいファイルサフィックスを追加するには、ファイルサフィックスを入力して「追加」ボタンを押します。 ユーザー追加型のファイルは生のテキストファイルとして解析されます。 次に、「保存」をクリックしてファイルタイプの変更を保存します。





ここには「設定」ウィンドウがあります。 最初のタブページは「一般設定」で、表示言語とデフォルトのエンコーディング(エンコーディングを検出するのが困難なテキストファイルを解析するために使用されます)を設定できます。 次に、プレビューウィンドウのハイライトカラーを設定することができます。 下部には、プレビューのフォントタイプとフォントサイズを変更することができます。





2番目のタブページは「詳細設定」です。

1.「スタート」セクションで、デスクトップショートカット、クイック起動ショートカット、右クリックメニュー、または自動スタートアップを有効にして、TextSeekを起動できます。
2.「スキャン」セクションでは、ファイル内容を自動または手動で更新するかどうかを指定できます(トレイメニューの「スキャン」ボタンを使用)。
3.「検索」セクションでは、

  • (1)検索結果ページの結果数を設定します。
  • (2)メモリ消費量を設定します(数値が高いほどメモリのコストは高くなりますが速くなる)。
  • (3)単一のファイルインデックスレベルを設定する(数値が大きいほど大きな文書をサポートしますが、速度は遅くなります)。
  • (4)単一ファイルの最大解析時間を設定する(数字が大きいほど複雑な文書をサポートしますが遅くなる)。

  • 4. 「その他」セクションで、「閉じる」ボタンをクリックした後にトレイに最小化するかどうかを決定できます。 次に、リセットを選択して、次の起動時にTextSeekがウィザードページにロールバックします。 最後に、「エラーログを送信する」ボタンです。TextSeekクラッシュが発生した場合は、それをクリックしてエラー報告を送信できます。 私たちがクラッシュの根本的な原因を見つけることは有益です。



    "登録"ページでは、電子メール、名前、国/地域、シリアルナンバー(公式ウェブサイトから最初に購入された後、あなたの電子メールがそれを受け取る)を入力するだけです。 そして、「サブミット」をクリックすると登録が完了します。




    新しいユーザーガイド